ニキビと皮脂

ニキビ思春期の頃にできるニキビであれば、それほど心配する必要はありません。顔を清潔にしておくことと、むやみに潰したり引っ掻いたりしなければ大丈夫でしょう。しかし、大人になってからできるニキビは注意しないといけません。もしニキビができてしまった場合には、最初は市販の薬を用いる場合や、化粧品などでケアを行うという人が多いでしょうが、現在ではインターネットでいろいろと調べられるので、情報収集をするという人もたくさんいます。

このときに必ずと言ってよいほど出てくるのが、皮脂という言葉です。皮脂と言えばニキビとはとても深い関係にあります。なぜなら皮脂が過剰に分泌されることでニキビができやすくなるからです。そのため、皮脂というのはあまりよくないというイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、皮脂は肌を守る大切な物でもあるのです。重要なのは皮脂を過剰分泌させないことと、必要以上に皮脂を除去しないという点でしょう。

そこで皮脂の正しいケア方法を知っておく必要があるのですが、正しく皮脂のケアができれば、ニキビの予防や改善にも繋がってきます。重要な点は、皮脂を過剰分泌させないようにすることです。なぜ皮脂が過剰に分泌されてしまうのかというと、原因は大きく分けて2つあります。1つ目は皮膚のバリア機能に異常をきたしている場合です。もう1つは男性ホルモンが過剰に分泌している状態です。この2点を改善できれば、皮脂の過剰分泌が防げて、ニキビを予防することができるでしょう。