化粧品でケア

ニキビのケアは生活習慣を改めることも重要なのですが、化粧品を使ってケアをすることもできるのです。もちろんどのような化粧品を使ってもよいわけではありません。第一に適切な化粧品を選ぶこと、第二に正しい方法で化粧品を使うことが重要です。化粧品は自分の肌質に合った物を選ぶこと、皮脂のケアを行うのにふさわしい種類を選ぶようにしましょう。

泡立てるニキビのケアができることや毛穴のケアができること、刺激が弱いことも重要な判断基準です。ニキビのケアをするためには、皮脂のケアと同時に毛穴のケアも必要になります。ケアの方法は、まず顔をきれいな状態にしなければいけません。そのために洗顔をしてから化粧品を使うことが大切です。洗顔するときも、石鹸はしっかりと泡を立てて使うことや、強く擦らないようにすることなどが重要になります。

たくさんある化粧品の中でも、皮脂を抑える効果が高いのは化粧水でしょう。化粧水を使うときには、コットンや手に適量を取ってから顔になじませるのですが、強く擦らずに優しく叩くようにします。これをパッティングというのですが、全体になじませたら、目の周りと首周りまで優しくなじませましょう。もちろん他の種類の化粧品も使う場合にも、正しく使わないと効果が出ません。

皮脂の取りすぎに注意

皮脂が過剰分泌してしまった場合、油取り紙などを使って皮脂を取り除いてしまう人や、必要以上に洗顔をしてしまう人もいるでしょう。しかし、過剰に皮脂を取り除いてしまう行為が皮脂の過剰分泌に繋がっているのです。皮脂というのは皮膚を守るための働きもあるので、必要以上に除去してしまうと、もっと皮脂を出さないといけないと指令を与えてしまう結果になります。

顔を洗う皮脂が過剰分泌しているからと言って、必要以上に皮脂を取ってしまうことでさらに分泌量が増え、その結果ニキビができるなどの肌トラブルを招いてしまう可能性があります。もちろん全く皮脂を除去してはいけないわけではありません。ある程度の皮脂は除去しなければいけないのですが、あまりにも過剰に除去してはいけないのです。そのため、皮脂を除去する力が強い洗顔料などは適していません。

皮脂の過剰分泌を防ぐためには、まず食生活の改善運動が必要になります。肌ケアというと、化粧水や保湿剤などを使うことを思い浮かべる人も多いでしょうが、食生活の改善や運動も立派な肌ケアになるのです。他にもストレスを溜めすぎないことや、睡眠をしっかりと取る必要もあります。そして過剰なスキンケアも止める必要があるので、正しいスキンケアの方法を知っておきましょう。

ニキビと皮脂

ニキビ思春期の頃にできるニキビであれば、それほど心配する必要はありません。顔を清潔にしておくことと、むやみに潰したり引っ掻いたりしなければ大丈夫でしょう。しかし、大人になってからできるニキビは注意しないといけません。もしニキビができてしまった場合には、最初は市販の薬を用いる場合や、化粧品などでケアを行うという人が多いでしょうが、現在ではインターネットでいろいろと調べられるので、情報収集をするという人もたくさんいます。

このときに必ずと言ってよいほど出てくるのが、皮脂という言葉です。皮脂と言えばニキビとはとても深い関係にあります。なぜなら皮脂が過剰に分泌されることでニキビができやすくなるからです。そのため、皮脂というのはあまりよくないというイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、皮脂は肌を守る大切な物でもあるのです。重要なのは皮脂を過剰分泌させないことと、必要以上に皮脂を除去しないという点でしょう。

そこで皮脂の正しいケア方法を知っておく必要があるのですが、正しく皮脂のケアができれば、ニキビの予防や改善にも繋がってきます。重要な点は、皮脂を過剰分泌させないようにすることです。なぜ皮脂が過剰に分泌されてしまうのかというと、原因は大きく分けて2つあります。1つ目は皮膚のバリア機能に異常をきたしている場合です。もう1つは男性ホルモンが過剰に分泌している状態です。この2点を改善できれば、皮脂の過剰分泌が防げて、ニキビを予防することができるでしょう。